おまとめローン
2倍得する失業保険情報
記事一覧
おまとめローンランキング
プロフィール

借金返済相談

Author:借金返済相談
借金返済のコツは、「出来ることなら債務整理」、それが無理であれば「おまとめローンで一本化」です。それにはまず「借り入れ件数を減らすこと」が第一。某金融企業(融資部)に勤務経験を持つ管理人が、借金返済の方法をご案内しています。日記のような記事は控えて、業界動向に沿ったおまとめローン、債務整理情報をお伝えします。

カテゴリー
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


【債務整理登録(ブラック登録)の可能性】

1.既に完済しカードを解約しているケース

信用情報機関には「完済」と登録されていますが、解約した時点で契約は終了していますので、弁護士司法書士に依頼をしても過払い金を請求した事実が信用情報機関に登録されることはありません。過払い請求を行うにはベストなケースと言えます。


2.既に完済しているがまだカードは使えるケース

信用情報機関には「完済」と登録されていますが、まだ契約は継続していますのでこのタイミングで過払い請求を行うと(完済しているけれど)事故扱いとの旨の情報を登録される場合があります。過払い請求を行うには解約をした後の方がベターです。


3.まだ借入残が残っているが過払い金が発生しているケース

信用情報機関には「債務整理」と登録する会社もあれば相殺との解釈の上「完済」と登録する会社もあるようです。このケースでは(一時的に)他社から借り入れ→一括返済→解約→過払い請求→先の借り入れ先に返済とすることにより信用情報機関にへの不利益な登録を避けることが出来ます。


4.まだ借入残が残っていて過払い金が発生していないケース

信用情報機関には「債務整理」と登録する会社がほとんどです。ただし過払い金が発生しなかったとしても18%(または15%)で計算し直すことで借入額が減るケースがほとんどですので、信用情報機関への登録を気にしない方でしたら債務整理を行うことも一考だと思います。

SEO対策:ブラックリストSEO対策:信用情報SEO対策:消費者金融
SEO対策:キャッシングSEO対策:債務整理

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する



クレジットカード現金化特集
クレジットカードのショッピング枠現金化の特集です。
詳しいご案内はクレジットカードの現金化をご覧ください。


キャッシュバックストア


クレワン堂


ホットクレカ

アクセスランキング

借金専門リンク集
お役立ちリンク

過払い請求 Wiki
過払い請求のバイブル(?)自分で手続きをする場合は参考にしてください。
法テラス
裁判所
消費者金融(Yahoo!)
金融・銀行(Yahoo!)
借りる・返す(All About)

信用情報機関
管理人にメール

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。