おまとめローン
2倍得する失業保険情報
記事一覧
おまとめローンランキング
プロフィール

借金返済相談

Author:借金返済相談
借金返済のコツは、「出来ることなら債務整理」、それが無理であれば「おまとめローンで一本化」です。それにはまず「借り入れ件数を減らすこと」が第一。某金融企業(融資部)に勤務経験を持つ管理人が、借金返済の方法をご案内しています。日記のような記事は控えて、業界動向に沿ったおまとめローン、債務整理情報をお伝えします。

カテゴリー
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


おまとめを検討する前に

金融会社は、借り入れ額の多さよりも他社借り入れ件数の多さを重視します。1社から120万円借り入れている人と、5社から20万円ずつ計100万円借り入れている人とでは、1社から120万円借り入れている人の方が借り入れ額が多いにもかかわらず有利なんです。ですので、おまとめ・一本化を申し込む前に、他社借り入れ件数を1社でも減らすことが出来るか否かを確認してください。

【日々の節約】
「千里の道も一歩から」です。どのような支払いに対しても決して「1円」を甘く見ないようにしてください。

【生命保険の契約者貸付を利用】
いわゆる掛け捨て型以外の生命保険は、解約すると解約返戻金が戻るようになっているのですが、保険契約は継続したまま(=毎月の保険料は払い続けますが)、解約返戻金の9割を低金利で融資してくれるサービスです。これはかなりおすすめですので生命保険に加入している方はぜひ確認してみてください。

【勤務先の各種貸付制度を利用】
一部の職場では従業員向けに低金利で貸付サービスを行っています。使用用途は「生活資金」で通る場合が多いようですし、かなり低金利で融資している場合が多いのでぜひ確認してみてください。

【クレジットカードのリボ払い(分割払い)を利用】
各種公共料金や携帯電話、新聞代などの日常生活における各種費用はクレジットカードで支払うことが出来ます。1回払いとしている場合が多いと思いますが、これをリボ払い(分割払い)へと変更することで、毎月の支払額を軽減させることが出来、その分を返済に充てることが出来ます。ただし、各種公共料金や携帯電話、新聞代などを全て1枚のクレジットカードでリボ払い(分割払い)に変更すると意外に早く利用限度枠に達することもあるので、なるべくショッピング枠が多いクレジットカードで行ってください。
なお、「クレジットカードのショッピング枠現金化」のサービスは個人的にはおすすめ出来ません。

【利用枠の増枠や金利の交渉をしてみる】
現在取引(借り入れ)がある会社に、利用枠の増枠や金利を下げてもらう交渉をしてみてください。借りる立場上交渉しずらい印象もありますが、金融会社はこれ(利息)で商売しています。他社に移られるよりは自社で取引を続けて欲しいと思っています。取引実績がない会社に新規で融資を申し込むよりも、既に取引実績がある会社から追加で借り入れまたは金利を下げてもらう方が可能性は高いです。


以上をもとに、おまとめ・1本化を申し込む前に月々の返済可能額を再度確認してください。仮に低金利の融資に成功したとしても、月々の返済額が返済可能額を上回るようですとまた他社に申し込みせざるを得ない悪循環に陥ってしまいます。



SEO対策:ブラックリストSEO対策:信用情報SEO対策:消費者金融
SEO対策:キャッシングSEO対策:債務整理

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する



クレジットカード現金化特集
クレジットカードのショッピング枠現金化の特集です。
詳しいご案内はクレジットカードの現金化をご覧ください。


キャッシュバックストア


クレワン堂


ホットクレカ

アクセスランキング

借金専門リンク集
お役立ちリンク

過払い請求 Wiki
過払い請求のバイブル(?)自分で手続きをする場合は参考にしてください。
法テラス
裁判所
消費者金融(Yahoo!)
金融・銀行(Yahoo!)
借りる・返す(All About)

信用情報機関
管理人にメール

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。